痩せる薬の危険性 安易に飲んではいけません

こんばんは、ブタ子です。今日は痩せる薬についての危険性について書いていこうと思います。

痩せる薬って何?

ブタ子は痩せる薬には手を出しません。今までにテレビのニュースでも何度も死亡例の話が出ています。

薬を飲んで痩せるということがどういうことか??本当に安全なものなのか??体に入ったあとのことを考えたことがあるか??

ブタ子的にはさまざまな疑問が湧いて出てきます。調べてみました。

ヤンヒーホスピタルダイエット

タイで有名な痩せる薬ですが、薬の成分には向精神薬、利尿剤、高血圧薬、さらには甲状腺ホルモンなどが使用されているもうダイエットの域を超えているものでした。

この薬は1つでも医師の処方箋が必要な薬ばかりですが、これを海外から輸入代行などで手に入れることができる。。。

大変危険なことですよ!!どういう薬かわかっていて飲んでいるのでしょうか??

ホスピタルダイエットの健康被害について

個人代行輸入ということは医師の処方箋も不要。安易に手を出すと向精神薬は依存性も高いのでやめられなくなりますね。

更に利尿剤は血圧を下げるのでもともと低い女性には危険。どのくらいの含量なのかはわかりっませんが、複数の薬が入っているのでいつショックが起きてもおかしくないですね。

死亡例も出ているのは納得です。簡単に痩せることのできる薬なんて危険なものを飲んでいるのと同じです。

本当にそれで健康的にやせることができると思われますか??

楽をして痩せたいという思いは誰しもあります。ブタ子だってそうです。でも、こんな薬には手を怖くて出せません。

売る方はお金儲けだから買った人の健康のことなんて考えません。飲むのは自己責任になってしまいます。

最近は簡単にインターネットでいろいろなものが手に入ってしまう時代になりました。こういう危険なダイエット薬も簡単に手に入ってしまいます。

賢くダイエットをしましょう!今健康被害がでなくても何年後、何十年後に必ず出ます。薬というものはそういうものです。

ブタ子は疑り深いので、本当に安全だと言われても疑いたくなります。でも、薬に関しては簡単に飲まないでほしいです。後悔するのは自分ですからね。

MDクリニックダイエット

こちらも危険なダイエット薬の代表で向精神薬のオンパレード。もはや薬でしかないですね。国内未認証の薬も含まれているというのは本当に危険です。

依存性もさぞ高いことと思われます。動機息切れは当たりまえ、健康的に飲めるものではありません。

ネットでは簡単に購入できそうな感じです。この薬も死亡例も出ています。そりゃ出ます。

もう一度言います。未成年の方など現在ネットでの情報があふれそれを見ることのできる環境があります。

本当に痩せるとかうまいうたい文句につられて本当に危険なことをしてしまっている人もいるはずです。

情報に惑わされないでください。楽して痩せたあと何が残るか考えてください。不健康な体と後遺症しか残りません。

特に未成年の方でダイエット薬が気になっている人がいると思います。安易に手を出してはいけません。

ちゃんと誰かに相談してくださいね。ブタ子は絶対に買ってはいけないと断言できます。

ダイエット薬に関しては、ブタ子の主観的意見です。が、使用されている薬の名前を見る限り危険です。依存性も高いものばかり。

本当に薬の必要な方は病院で処方してもらってください。くれぐれもネットで購入しないようにお気を付けください。

まとめ

痩せたいと思っている人の半分はすでに痩せている人たちです。もう十分だけど、なぜかまだ痩せたい痩せたいと言っている。。そういっている人はブタ子の半分くらいの体重です。

それ以上痩せてどうする気ですか??本当に痩せなければならないのはブタ子のように健康被害が出る手前の人。もう出ている人。そうではないでしょうか?

いつも言っているんですが、ダイエットに決して近道はありません。もし、ブタ子の娘が危険なダイエット薬に手を出そうとしていたら、全力で阻止します。

そして、ブタ子自身も決して使用しません。これは自分を守るために必要なことです。自分の身は自分で守るしかない!!

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク

ブタ子のダイエットを実践する起源

こんばんは、ブタ子です。昨日は疲れて寝てしまったため更新ができませんでした。さぼったツケは大きく、見てくれる人がぐっと減りました。

今日はがんばって更新します!!ブタ子の大好きな金曜日がやってまいりました!今日は何を書こうかな~と考えている最中のブタ子です。

ダイエットってなんだろう

ブタ子はダイエットをず~っと長いことしています。さかのぼること20数年前。まだ10代の始めころからダイエットという言葉を知っていて実践していました。

昔はダイエットの情報は今と違って雑誌などから得ていました。ダイエットを始めるきっかけとしては、やはり周りの人の心ない言葉。

「デ~ブ」

それでしょうね。人は自分が傷つくことを言われると自分がデブであると自覚します。そして、自分のコンプレックスとなります。

ブタ子はまさに小学生のころにぽっちゃり?していたので男子から心ない言葉を言われダイエットを決意。雑誌のうまい話しを信じて実践しました。

そんな浅はかな知識で痩せれるわけもなく、食べた分だけ太りました。

中学に入り運動部に所属したことで消費カロリーは上回ったんでしょうね。人生で1番痩せていました。身長は160cmで体重52キロ。とっても細いジーンズも楽々はけました。

今では腕も入らないかもしれません。

滝沢カレンさんも52キロだそう。(テレビで言ってました)52キロってすごく細いんです。

ブタ子も目標はそのくらいまで痩せたいんですけど、最近はリバウンドをしながらのダイエットなので結構厳しいです。

なぜダイエットするのか

先程も書いた通りダイエットをなぜするのか?

それはコンプレックスをなくすため!とブタ子は考えています。ブタ子はデブな自分に自信がありません。痩せてればもっと自分に自信が持てるはずなのに。。

そう思っています。

かわいい服も着たいし、おしゃれしたい。どこに行っても恥ずかしくない自分でいたい!!と強く思います。

だからダイエットを続けています。

でも、なぜ太ってしまったのか???

ブタ子の太った原因

ブタ子は中学のとき痩せていましたが、高校になって少しずつ太くなりだしました。高校も運動部に入りましたが、部活が終わってからお腹がすくものでカロリーメイトや菓子パンを必ず食べていました。

そして、家に帰ってももちろんお腹が空いているので夕食もがっつりと食べます。そうすると運動した分より摂取カロリーが上回ってしまって高校生の頃は体重が63キロほどになっていました。

それでも63キロでも今より10キロ以上軽く二の腕も細く感じていました。見た目もそんなにぽっちゃりでもなくMサイズの服も楽勝で着れていました。

そんなときに旦那にデブデブ言われていたので自分はデブだと思いこんでいました。人に言われると気になるものです。

そして、1人目を出産したとき母乳で少し痩せたんですが体重は60キロほど。そのままいけば苦しいダイエットもいらなかったかもしれません。

出産後5ヶ月ほどたち、母乳がでなくなりました。母乳が出ていた時は何をどれだけ食べてもどんどん痩せる感じです。母乳が出なくなっても同じように好き放題食べていました。

そしてブタ子はブクブクブクブク太っていきました。そのとき体重は73キロ。丸くなって写真にうつる自分はブタでした。

でも、自分がそんなにデブになっているなんて気づかなかったんです。あのころは。。

2人目を出産してまた母乳で少し痩せました。そのとき69キロ。でもすぐに母乳も止まり体重増加。

マックス80キロになりました。ほんとに巨大なデブでした。後ろ姿は醜く前から見ても2重顎だし、二の腕太すぎるし。ブタ子は自分が嫌になりました。

ダイエットを決意

ダイエットを決意したのは前々からですが、強くダイエットを決意しました。だって着る服も大きいサイズしか着れないし市販のスーツは全くといっていいほどサイズが入らない。

ズボンもパツパツ。スカートはいても足が出せない。そんなのいやだ~!!

もう、アラフォー。20~30代をデブで過ごしてしまいました。家族写真を嫌い、ひっそりと影をひそめて写真に写らないようにしてきました。

写真をとるときはもっぱらカメラマンに徹している私。悲しい・・・

そんな自分にも嫌気がさします。

今、ダイエットを決意して3ヶ月とちょっと。壁にぶち当たっています。ここで負けるわけにはいきません。これまでのデブ人生を終わらせます!!

ブログランキング参加中です。クリックしていただけると力がでます!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク