ダイエット

炭水化物抜きダイエットの落とし穴 老化に繋がる原因とは

投稿日:

   

こんばんは、ブタ子です。今日は炭水化物を抜くというダイエット方法の危険性と老化に繋がる原因について書きたいと思います。

炭水化物ダイエットの落とし穴

ブタ子もダイエットの時に実践したことのある炭水化物抜きダイエットですが、続けることによる体への影響を考えます。

炭水化物は1日の食事の中で最もカロリーを占める栄養源です。そのため、体への影響力も半端ないです。

炭水化物の働きとは

炭水化物はただ、カロリーが高いだけではありません。体を動かすことと、脳にとっての唯一の栄養源になります。

1日の必要なエネルギーの6割を炭水化物からとっています。

脳への唯一の栄養源ということは、炭水化物を抜くことつまりは脳の活動を停止させてしまいかねない危険なこと。ダイエットのためにこの唯一のエネルギー源を抜いてしまうというのは大変問題ですね。

炭水化物を抜くとどうなるか

この大切な栄養源の炭水化物を抜くと、脳の働きが悪くなるので集中力はなくなり体もだるく、力がでない(アンパンマンのあんを抜かれるような)ということに繋がります。

よく朝食を抜いている人にそんな症状が見られますが、これを3食抜いてしまうとどうなるか考えただけでも恐ろしいことです。

炭水化物は1日の栄養の6割を占めていることからこれを抜くと単純に6割のエネルギーが減るということになります。体重はそりゃ落ちます。それと同時に体力も考える力もガクンと落ちますね。

また、炭水化物を抜くと空腹感も半端ないですよね。満足感が得られず何か別のもので空腹を補おうとするため逆に太ったりします。

ブタ子は炭水化物を全部抜いてダイエットをしてみたとき、かなり体がだるく本当に何も考えられなくなり危険を感じてやめました。

それだけ脳の働きには炭水化物が絶対に必要なのです。

現在ブタ子は夜のみ炭水化物抜きダイエットを実行中!しばしばごはん食べちゃいますけど。

夜は活動も少なく、カロリー消費量も少なくなるのであまりカロリーを摂取してしまうと消費できず脂肪に変わってしまいます。

夜のみの炭水化物抜きは体に負担も少なく、空腹も感じにくいのでブタ子には合っているようです。

炭水化物抜きが老化に繋がる原因とは

炭水化物の役割は上に書いたように、非常に重要な役割を持っています。これを抜くとなぜ老化につながるのかということを考えていこうと思います。

ダイエットで炭水化物を抜き、その分のカロリーを補うために脂質やたんぱく質をたくさんとるようになると悪玉コレステロールがたまっていきます。

これがなぜいけないかというと、血管が痛み老化して結果的に脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性が高まっていきます。

体重は減らせたけど、健康ではなくなったという人が多くいると聞きます。
寝たきりになったりする危険も秘めている炭水化物抜きダイエット。よくよく考えて実践しなくてはいけませんね。

まとめ

炭水化物抜きダイエットについて書きましたが、やはり抜きすぎることは体の調節機能がおかしくなりますのでおすすめできません。

体重を落とす事に重きを置くとダイエット失敗となりかねませんので、健康的に痩せる為にはどうすればよいか考えることが重要です。

これからもダイエットをブタ子も続けていきますので一緒にがんばりましょう!

ブログランキング参加中です、応援よろしくお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク

-ダイエット
-

Copyright© ブタ子の成功ダイエット日記 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。